課金するゲームの問題

ゲーム

最近のゲームでは課金することが必要なものが多いです。昔のようにゲームを買ってきたらそれ以上のお金は必要なかったものですが、最近ではゲームそのものはただで出来て、楽しく遊ぶために課金させるものが多数なのです。最初は少しだけと思って遊んでいても、ゲームをするために必要なアイテムやキャラクターなどが欲しくなって、いつの間にか課金していることがあるわけです。

問題なのはまだ大丈夫だと思って少しだけお金を使っても手に入らずに、もう少しだけ買ってみるかと思ってしまい、ずるずるといつの間にか使いすぎてしまうことにあります。気がつくと数万円使っていたということも珍しくなく、自分でもびっくりしてしまうほどです。

それにゲーム会社側も飽きられてしまったらそれ以上のお金を回収出来ません。より面白くまたかっこよく、あると便利なものを次から次へとアップデートしてきます。それにはまってしまうといつまででもお金を使ってしまい、後で非常に後悔する羽目になります。

可能であれば自分でいくらまで使うかを決めておくことが大事だと思います。その金額を超えるときには課金をそれ以上しないと決めておけば、使いすぎてしまう危険は減るものです。それでも最初は、ついその自分が決めたルールを守れずにずるずるとお金を使ってしまいます。

後で使いすぎたお金の額を見てみると愕然とします。そうならないように出来る限り使う金額を決めて、また遊び方も工夫する余地があれば、それでカバーをするやり方も出来るものです。こうしたゲームは経験上次から次へと便利なものが出てきます。前のものはすぐに使い物にならなくなるものですから、今欲しい気持ちをぐっと我慢すれば、使いすぎない可能性が高まると思います。

お金の予算を決めることと、次回まで我慢出来るように心掛けるだけでも使いすぎを防ぐことが出来るわけです。また現金決済にすると使いすぎを防ぐのに役立つので、手持ちのお金だけで遊ぶことを考えると良いです。