利便性とセキュリティ性を考慮して課金方法を選択する

カード

課金カードは種類を増やすと管理が大変になるので、使い方は検討した方がいいかもしれません。普通にカード払いという事になると、限度なくどこまでもお金がかかってしまう事が怖いという事がありますから、こうしたものを使用するという事をしても良いのですが、これは使い勝手がいいようで悪いようでというところがありますから、使う種類は限定しておくという事を考えた方がいいかもしれません。

3種類以上も持つともう管理をする事は記憶だけでは出来なくなると考えて良いでしょう。そうなるとアプリや手帳を利用するという事になりますが、それではカードの利便性の良さが消えてしまっているという事になりかねません。

カードは自分では何かに書いたりしなくても便利に管理をする事が出来る物なのですが、そのメリットを自ら捨ててしまっているという事になってしまいます。それで使用している当人が問題ないというのであれば、それで良いのですが、面倒だなというように感じたりするのであれば、使い方を検討するという事を考えるべきでしょう。

カードというものが現金に比較すれば極めて利便性が良いものなので、現金に比較すればそれでも圧倒的に利便性が良いという事はありますから、それで満足しているというのであれば問題はありません。

要は使う人が自分が納得できる使い方になればいいわけで、利便性を追求してカードを使っているのであれば、後は程度問題という事になりますから、自分で管理しなくても簡単に出来る方法で納得できるものを選択すればよいという事になる。

一般的なカードでも種類を増やしてしまうともう管理が出来なくなるという事がありますから、人が記憶だけで管理出来る事はそんなに多くないという事を自覚して、自分が出来る範囲を考えて使うという事を考える事が大切になります。利便性が良くなるという事はそれだけ管理は自分でしなければならないという事を考える事が大切になります。